不要な本やCDたちの買取

今、何かと話題の断捨離ですが、私もやりたい(やらねば)と思いつつなかなか手が付けられないでいたのですが、

先日とうとう家にあった不要な本やCDたちを整理して、ブックオフに持ち込んでみました。

訪れたのは「BOOKOFF 仙台柳生店」。

これまで買う側としてなんども利用したことのある店舗ですので、訪問するのに特に緊張(?)はしなかったのですが、

いざ買取カウンターに向かうとなんといっていいかわからず(汗

しかし、買取りをお願いしたい旨伝えると、店員さんはあっさり、そして迅速に対応してくださいました。(まぁ、あたりまえですけど・・・)

持ち込んだのは、文庫本30冊、雑誌15冊、CD20枚くらいでしょうか。

査定をしますので少々お待ちくださいとのことでしたので、店内をぶらぶらしながら待つことに。

そういえば、最近漫画本って読まなくなったなぁなんて思いながら、パラパラと立ち読み。

話しがそれますけど、最近の漫画って話題作が多いですよね。

個人的に読んでみたい作品がいくつかあるんですけど、買うとお金がかかるし、数巻そろえるとなるとしまっておくのに場所も取るので、

今度某レンタルやさんの漫画コーナーに足を運んでみようかなと思いました。

さて、15分くらいで査定が終了し、店内アナウンスで番号で呼ばれます。

興味津々の査定結果はというと、文庫本が1冊10円程度、雑誌が50~100円、CDが50円~200円でした。

やはり文庫本は安いですね~。確かに1冊100円とかで売ってますもんね。

というか、もともとブックオフで100円で購入したものを、読んでそのまま持ち込んでしまったのもあったかも?

それでもまぁ、なんにも言われなかったですが、あとで気が付いて、ちょっと恥ずかしかったかなと。

そして個人的に驚いたのが、だめもとで持ち込んでみた雑誌が買い取ってもらえたということ。

断られるか、値が付かないかと思ったのですが、文庫本よりむしろ高く買い取っていただけました。

もしかすると雑誌の種類にもよるかもしれないですが、ちなみに今回持ち込んでみたのは週刊誌とか漫画雑誌とか一般的なファッション誌

とかよりは、ちょっとお高めの雑誌でした。

次にCDですが、持ち込んだCDがはやりの歌手とか、人気の楽曲のものではなかったせいか若干お安めの買取価格でした。

CDって今はもうはやらないといわれてますけど、人気のあるものだと結構高い値が付いたりするんでしょうかね?

レアものとか、マニアの間では大人気、みたいなやつだとまたちょっと違ってくるのかもしれません。

CD高価買取比較 | CDを高く売れるおすすめ業者ランキング

以上のような結果となりましたが、感想としては、不要なものがリサイクル出来て、少しでもお金になるのであれば、

また利用してみたいと思います。捨ててしまってはゼロですもんね。