PIECE OF MY SOUL

美形のヴォーカリストとして注目を集めた上杉昇さんと、ギタリストの柴崎浩さん在籍時の最後のオリジナルアルバムです。

上杉さんのルーツを意識した感じのロック色の強いメンバーの自作曲である楽曲が多く、とても素晴らしい仕上がりになっています。

まず1曲目の「FLOWER」はニルヴァーナを筆頭とするオルタナティブロックの雰囲気を感じさせ、勢いがあり、とても格好よく素晴らしいです。

また、エンディングのワウペダルを多用した弾きまくりのギターソロが素晴らしい仕上がりになっています。

大ヒットしたアニメ「スラムダンク」でも起用されシングルカットされた「世界が終るまでは…」も気持ちのこもった歌声が心にしみる素晴らしい作品に仕上がっています。

他にもシングルカットされた都会的なスタイリッシュな感じがする「Jumpin’ Jack Boy」やミステリアスな感じの「Secret Night 〜It’s My Treat〜」など良い曲がたくさん詰まっています。

そして、壮大なスケールを感じさせるアルバムのタイトルトラックの「PIECE OF MY SOUL」が迫力があり、とてつもなく格好良い仕上がりになっています。

初期の頃のキャッチーな楽曲が好きな人は、少しハードな楽曲が多いため敬遠することもある作品で、またオルタナティブロックがまだ日本で浸透していなかったので、賛否両論ありますが、今聴いても古臭さを感じさせることがない素晴らしい作品に仕上がっています。