アメリカが誇る姉御肌アーティストP!NK!実力も才能も優しさも兼ね備えていた

皆さんアメリカが誇る姉御肌の女性アーティストP!NKって知っていますか?日本ではあんまり知名度がないため知っている人が少ないのです。でもパンクやロックのジャンルを聴く人なら知らない人はいないでしょう。なぜならアメリカでは音楽の有名な賞、グラミー賞等を受賞するほど有名な方なんです。そのため賞を受賞すれば日本にもその情報が入ってくるのでロックファンなどであれば自然と知ります。最近では日本でも話題となったジョニー・デップが主演した「アリス・イン・ワンダーランド」の米の続編を彼女が主題歌を担当しています。これは彼女の最新の大ヒット作です。しかし現地、アメリカでは歌以外でも有名です。それはファンキー姉さんだということです。それは「So What」というPVが一番彼女の性格を表現していると思います。

見るのが一番だと思いますがPVの中では様々なファンキーなシーンが出てくるからです。たとえば彼女の元ダンナさんがPVに出演していたりなど。あとは人の家の木を自分のチェンソーで切るなど。現実ではありえないことをPVの中でやってしまいます。

彼女の魅力は彼女自身が作る歌の歌詞にもあります。代表曲の一つ「Fuckin’ Perfect」ではメッセージソングであり、一人ひとりが自分の世界を持っていてそのままで良い、またそのままでも完璧なんだとということを伝えています。彼女の生きる様、彼女の伝える歌そのものがファン一人一人に希望や勇気を与えます。

そして彼女はアメリカの芸能界では当たり前にように思われているお金持ち、セレブという考えが嫌いです。そしてそこからハリウッドの有名な人たちが着ている動物の毛皮にも批判の色を見せています。ハリウッドのセレブたちが着ている毛皮のほとんどは何十万~何百万もするような本物です。そのため彼女は動物愛護団体を支援しています。少しファンキーな彼女ですが姉御肌で優しい一面があるのも彼女の魅力で魅了される理由です。p!nkのもう一つの魅力はファンに対する接し方が優しすぎるということです。それはLIVE映像からも見て取れます。また警備員にも優しい一面があるのだから参っちゃいます。例え、彼女がファンキーで少しおかしい言動で人々に迷惑かけても彼女の根底には愛があるということをわすれないでいられたら彼女のファンであり続けらることは幸せなことです。